FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人式にまつわる実際にあったストーリー

キティカーネーション

今週初めの日曜日と月曜日には各地で成人式が開催されました。

私の長男も昨年成人式を迎え1年が過ぎましたが、時の流れは実に速いものですね!
まだ大学生ですが自宅に帰ってくるたび、少しずつ大人びてくる事を期待しますが・・・?


以下にメルマガで見つけた素敵なストーリーを記します・・・
実際にあった成人の日のお話です。

_______


成人式の日・・・それは美容室にとって、大いに気合いが入る日。

その年の成人式も、夜中の午前2時からお客様を迎え入れ、
リポD飲んで気合いを入れてから、手を休める事なく仕事をしました。

ようやくその日最後のお客様となり、成人式ヘアーをつくっていると、
ものすごく視線を感じました。

その先へチラッと目をやると、その子のお母様がじ~っと見ているのです。

娘さんのヘアースタイルの出来をチェックしているのかな~と思い、

「よかったら隣で見て下さい。もう落ち着いたので、こちらに座っても大丈夫です。

近くの方がよく見えますよ♪」と言い、娘さんの隣に座ってもらいました。

しばらくすると、今度は鼻をすする音が聞こえてきました。

気を使いながら、その音の方をみると、今度は涙をポロポロと流しているではありませんか・・・

なんて言葉をかけていいのか分からなかったけど、

「本当におめでとうこざいます。ここまで育てるのも、大変な御苦労があったことをお察しします」

そして娘さんに、「○○ちゃん、これからもお母さんの言うことをちゃんと聞くんだよ!
そしてこれからは○○ちゃんが返す番だからね」

そう言い終わると、お母さんの嗚咽がお店の中に響きました。

まずい事を言ってしまったかな?と反省しながら成人式のヘアーと着付けが終わり、
その親子はお帰りになりました。


数日後、娘さんが1人でお店にやってきました。

成人式の時のお礼にと、菓子折りをもってきて話してくれました。

実はお母さまは5年前に余命宣告されていて、医者に言われたのが、もってあと2年・・・

娘さんが15歳の時なので、17歳の頃には旅立っている計算です。


その時お母さんは、口ぐせのように言っていたそうです。

「あんたが成人するまでは生きていたい!成人式で着物姿が見れたら、他には何もいらない!
それまでは何としてでも生きたい!」

必死の闘病生活だったそうです。


「だから泣いていたんですね。念願の着物姿が見れて」


すると娘さんが言いました。

「それもそうなんですが、もう一つ理由がありまして」

「どうしたの?」

「実は私、口うるさく注意してくる母が嫌いで、高校卒業後すぐに就職して引越したんです。
それからはほとんど連絡も取らず、好き勝手やっていました。だから本当は成人式も出ないつもりでした」


「じゃあ、何で成人式に出たの?」

「20歳の誕生日の時、母から手紙が来たんです。
その手紙には“ありがとう”って書かれていました。

2年間、病気で大変な母をほったらかし、ほとんど連絡も取らない私にたいして母は、
“もうそろそろお迎えがくるかもしれないそうです・・・

だから最期に言っておきたくて、私のもとへ生まれてきてくれてありがとう。
会えなくても私は毎日あなたを思っていて幸せでした。本当にありがとう”


私は自分が情けなくなって、すぐに電話をしました。

“成人式の準備しといてよね!それまでに死んじゃダメだよ”・・・泣きながら話していました」


「お母さん素敵だね。大切にしなよっ!」・・・そう言った僕も泣いていました・・・

_______


どれほどその日を待ちわびただろう・・・

どれほど嬉しかっただろう・・・

どれほど頑張ったのだろう・・・

想像しただけで、涙が溢れてしまいます。


自分自信も親になって、少しだけ親の気持ちが分かるようになったのかな

長男の成人式には涙はこみ上げてきませんでしたが、高一の長女が成人式を迎える4年後は・・・?


以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki
スポンサーサイト

瀬戸商工会議所 新春経済講演会『今年の経済・今年の経営』

1.12 セミナー講師 大橋隆士さん.jpg

本日午後から大橋隆士・経営コンサルタントを講師にお招きした経済講演会に参加しました。

サブテーマを【変化した時代の経営ポイントを探る】と銘打ち、震災・原発事故・タイの大洪水・超円高デフレ等々のキーワードで昨年を振り返り、平成24年の経済動向を予測し経営者視点で対応策を講話されました。

多くの経済評論家の大半が、今年下期には経済成長が期待される・・とのコメントは額面通り受け止められない!昨年は震災の悪影響で多少良くなって当たり前!・・・ながら、日本経済には未解決課題が山積しており全く不透明で更に景気が悪くなる恐れすらある。

とはいえ、“不況は時代を変える!”その流れを掴み、経営者自身や自社を変える事で乗り切るしかない。

特に社員や得意先・仕入先との絆を強め、しっかりした対話から問題点や課題の共有・解決を図らなければなりません!そのキーワードは“遊”・“食”・“利便性”・・・消費者ニーズのある場所が新たなマーケットとなる!

今改めて見直される“近江商人の三方良し経営”・・・互いにネットワークを構築し“頑張ろう!”の共有化。

出席された知人の外国人経営者からは、

『昔の日本人を見習い戻るべき!』、
『暗く悪いニュースを垂れ流すマスコミ報道を無視し、経営者としての熱い情熱・思い・根性・自信を持って必死に立ち向かうべき!』、
『人と違って良い、無理に合わせる必要なし!』等々、大いに激励された講演会になりました。



以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

『選ばれる人になる34の習慣』  門田由貴子 著 ダイヤモンド社

【リアクション上手は、受け取り上手】

昨今の厳しい経営環境下で、セミナーや研修に参加する人たちを多く見ていますと
「誰が伸びるか」「伸び悩むのは誰か」は、セミナーがスタートした瞬間に、すぐに見分けがつく。

伸びる人は、例外なく聞き上手である。
豊かな表情で、リアクションしながら聞く。

例えば、話し手がジョークを言ったら、声を出して笑う。
納得できる話なら、大きくうなずく。

聞き手がリアクション上手だと、話し手のサービス精神にスイッチが入り、
予定以外のオマケ情報まで話してくれるものです。

つまり、聞き手の態度が相手から受け取る量を決めていると言えます。

だから人の話を聞く時は、精一杯のリアクションをしながら聞きましょう!

きっと、いつもとは違う何か素敵なものが手に入ることでしょう。


聴く姿勢って、本当に大切ですよね♪

「我以外皆師」と思っている人は、謙虚で腰が低く、どんな人からも学ぼうとするので、
結果として、自分の成長にも繋がっていきますね♪

そして、「いいリアクションで聴く人は伸びる人」なんて聴いたら、
思いっきり意識して聴きたくなっちゃいますね♪

まずは、今日出会う人のお話を、最幸のリアクションで聴いちゃいましょう!


かの中村天風師も次のような言葉を残されています・・・

「偉くなる人とそうならない人との、どこで差が出てくるかっていうと、
同じ話を聴いても聴き方、受け取り方が全然違うからなんです。
受け取ったことを自分の人生に、どう応用していくかということだけの差なんです!」




以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

ワクワクありがとう会

昨日、犬山市のお菓子の城で有名な竹田製菓・竹田和平さんが主宰するセミナー【わくわくありがとう会】に初参加してきました。

会場は西春日井郡豊山町の【リフレ】でした。

1時間ほど早目に行って入浴していると、偶然和平さんが入浴されてきてアッという間に入浴者が湯船に集まり、和平さんを囲んで即席問答講が始まりました。

ある人が
『今の仕事を辞めて東日本大震災の被災地へ行き支援ボランティアをしたいのですが・・・』と、
和平さんに問いますと、
『ボランティアというものはまずは自身や自社の生活が成り立った上で、余裕がある部分として行うべきである。
今の自分に何が出来るか?しっかり見極め目的を持って行かないと長続きしない!』と応えられました。

またある人が
『これからの世の中はどうなっていくのでしょうか?悪い連鎖が起こっているようですが。。。』と、
和平さんに問いますと、
『世界は80年周期で大きな波がある。この世界不況はまだ始まってわずか3年!これから17年は辛抱しなければ。日本政府の消費税増税は公平で良いが、他の増税策には真っ向から反対である。日本が益々空洞化してしまう!
働く意欲をなくした不労所得を得られる雇用政策も間違っている!働かざる者、食うべからず!』と応えられました。

こんな混迷した時代だからこそ、人間の真心の環(まろわ)を拡大させなければならない!
それには今、自分が生きていることに、全てに感謝の念を抱き声に出し“気”を発しなければならない!

『ありがとう』・・・『ありがとう』・・・『ありがとう』・・・

一同に会した仲間と大きな声で繰り返し発することで、身体から邪気が抜けスッキリした気分になりました。



以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

第2回 中部大学MBA出張講義

中部大学 児玉教授.jpg

瀬戸商工会議所と瀬戸信用金庫が共催している6回連続講座の、
平成23年度 瀬戸企業家育成塾“情報化時代の業績向上法”セミナーに出席しています。

第1回は7月8日に開催され、本日は『過去の常識を破壊する営業活動の構造設計法』がテーマで
30名が受講登録しています。

営業の構造設計法~セールスエンジニアリングの仕組みを導入してホームページを稼ぐツールとする!

*ホームページの作り直しは、自社をお客様目線で見直す*絶好の意識改革のチャンス!

*ホームページは経営者の生き様まで映し出す鏡である。

*伝える技術に注力する。

*専門企業ならではのサプライズを提供する。

*マニア向けビジネスに特化!こだわりの人向け~高かろう・良かろうビジネス。

*お客様に伝わらないと、自社が世の中に存在しないのと同じ!
-------------------------------------------------------

自社の営業手法やホームページを見直す視点が勉強になりました!

今後は自社が売りたい商品ではなく、あくまでお客様が買いたいと思うニーズに対し
アプローチをしなければならない!・・・と痛感しました。


以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki
プロフィール

瀬戸の段暖畑

Author:瀬戸の段暖畑
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログで世界旅行(世界遺産編)

presented by スイス旅行

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。