『死ぬ気でやれよ!死なないから』

昨日、瀬戸市倫理法人会は設立5周年記念式典をグレイセルにて開催しました。

記念講演を依頼し了承して戴いたのが月刊誌『致知』の2011年8月号にも掲載された、
北海道・森町の佐藤克男町長でした。講演テーマは『死ぬ気でやれよ!死なないから』・・・

佐藤克男氏講演佐藤町長 懇親会での弾き語り


以下に佐藤町長の著書『組織を変えるマネジメント』の書評を紹介させて戴きます。

-------------------------------------

ビジネス書っぽいタイトルだが、舞台は北海道の森町という小さな自治体です。
本書は、森町の「37年ぶりの新町長」となった著者による町政改革の記録である。

ビジネスの世界で生きてきた著者ならではの改革の取り組みが面白い。
町民を「お客様」と呼ぶことから始まる徹底した顧客志向、サービス志向を職員に伝えるため、
自らが講師となって研修を何度も行い、職場理念を定めて朝礼で斉唱する。

一般職員と管理職の2ステップ方式で意識改革を図り、何よりリーダーとして、明確に方針を示し、率先垂範する。「人を変える」ことの大切さと難しさを知り尽くした見事なリーダーシップである。

特に頭が下がるのが、自ら土日に役場のトイレを掃除し、一つの便器の水垢落としに5時間をかけたというエピソード。口先だけのリーダーはいくらもいるが、このくだりを読むと、この人は「ホンモノ」の人物だと感じる。
そういえば以前、北野武監督がやはり、お店か何かのトイレ掃除を人知れずやっているとどこかで読んだ気がするが、どこか共通するものがあるのかもしれない。

考え方はかなり保守的で、人によっては反発や違和感を覚えるかもしれないが、そういう「日の丸志向」は、まあこの手のリーダーには付き物だ。それくらいの確信と自信がなければ、なかなか思い切った改革には取り組めないのだろう。

しかしこの人も、議会にはかなり手を焼いているようだ。
思えば、こうした猪突猛進型の改革派首長が決まってぶつかるのが「議会の壁」であって、
どんな本でも多かれ少なかれこの問題は出てくる。
議会まで自身の改革ペースに巻き込んでしまった首長など、せいぜい三重県の北川正恭元知事くらいしか思い出せない。やはり北川氏の実力は、いわゆる改革派首長の中でもずば抜けていたのかもしれない。

いずれにせよ、ややクセはあるものの、こうした勢いのある人の言葉は、やはり読んでいて気持ち良いし、こちらも頑張ろうという気になる。こういう人もいるのだから、経営者として私も努力せねば。

二次懇親会での一コマ

佐藤町長が新入職員にプレゼントされるという「洗礼の辞」がなかなか面白いので、失礼ながら引用させていただく。ちなみにこれは、株式会社ブレイド・イン・ブラストの中川理巳社長の言葉をアレンジしたとのことなので、念のため。

一 覚悟せよ!これからは「社会が自分に何をしてくれるか」ではなく「自分が社会の為に何をすべきか」と考えよ。役場に期待してはいけない。役場が君に期待しているのである。

一 安心せよ!君に合う仕事は一生涯ない。君が仕事に合わせるだけだ。君が出会った仕事に情熱を傾けた時、初めてその仕事が天職となる。職場に就いた時「こんなはずではなかった」と思うだろう。世の中はすべからく「こんなはずではなかった」の連続だ。

一 我慢せよ!様々な人、お客様、上司、先輩、同僚の中で徹底して自分を磨け。ダイヤはダイヤでしか磨けない。人は人によってしか磨かれない。簡単に諦めたり、投げ出したりするな。厳しい叱責は君を傷つけているのではなく磨いてくれているのだ。

一 学びつづけよ!本当の勉強はこれからだ。学生時代の成績など関係ない。知識無きことよりも、向上心無きことこそ恥とせよ。読書と毎朝の新聞を欠かすな。少年漫画はもう読むな(こっそり読め)。

一 挑戦せよ!初めての失敗は躓きであって失敗ではない。同じ失敗を繰り返さない限り、新たな失敗は成長の糧になる。だから一度や二度の失敗で挫けるな。失敗を恐れるな。

一 恋をせよ!何かに激しく心を燃やせ。恋の対象は異性だけではない。常に夢を描き何かに憧れ何かに恋しつづける人生はいつまでも若くエネルギーを失わない。情熱の炎を燃やし続けろ。

一 感謝せよ!君を産み育ててきた家族、周囲の人々、生かしてくれている社会に感謝せよ。ただし感謝は心だけでするな。感謝は表現されて初めて本物となる。感謝を君の全身、君の行動、君の生き方で表現せよ。


倫理法人会の学びを実践し続ける経営コンサルタントの肩書を持つ、佐藤克男町長ならではのメッセージではないでしょうか!


以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

スポンサーサイト

南区倫理法人会 第1110回経営者モーニングセミナー

長屋一郎南区倫理法人会会長会員スピーチは岩本章幹事武藤隆法人スーパーバイザー

今朝は早起きして、南区倫理法人会の第1110回経営者モーニングセミナーに出席してきました。

先日南区会員の西川さんが瀬戸市のモーニングセミナーに出席して下さったので、お礼返しに出席させて戴き
勉強と交流をさせて戴きました。

会場は名古屋市南区の笠寺ワシントンホテルプラザで、自宅からは40分位で到着しました。

早速西川さんに南区の会員さんや講師を紹介して頂き、開会前にご挨拶させて戴きました。
長屋会長とはフェイスブックを通してやり取りもあり、実に親しくお話させて戴けました。

現在の会員数は118名ですが140名目標で、会員が一丸となって普及に邁進されています。

そして開会となり、長屋会長は先日フェイスブックの【Rinri friends】グループで流された動画の挨拶を
そのまま再現され明るく楽しいキャラクターを発揮した挨拶をされました。

続いて会員スピーチはイワモト経営研究所の岩本章幹事が担当され、“今を生きる力”を身に付けるためにも、自身の心の魂を磨く倫理を学び、純情(すなお)に実践し会員ネットワークを構築すべき!と熱く語られました。

そして本日の講話は『知足の倫理』と題し、前埼玉県倫理法人会会長の
武藤隆法人スーパーバイザーが担当され以下のご教授を賜りました。

*人間のをわがままや傲慢を天は許さない。わがままや傲慢さを取り去るのが倫理の勉強である。

*人は右手に夢を、左手に希望を抱いて生まれてくる。幸せは心の豊かさで図れる。

*京都の龍安寺の“吾唯足るを知る”母親には唯自身を産んで戴いただけで感謝している!

*商売で迷ったら女房に聴け!~女性には成功・不成功がわかる直感がある!

*金子みすずの詩~中の雪、寂しかろうな!心の眼でみえた時、本質が解る!研ぎ澄まされた感覚を磨け!

*『縁人奇妙』~袖触れ合うも“他生”の縁!※“多少”ではない!他人の生命との触れ合い。
倫理は自他救済の勉強である。一歩人に譲る事が自分が一歩進む事になる。

古人の教え~人は忘れる事で楽になる!
①他人の小さな過失を責めない
②他人の隠しておきたい私事を暴かない
③他人の悪事をいつまでも覚えておかない。

普及は義務ではなく、良い事をやっている事を広める権利である。

倫理は長く続ける事で効果が上がり発展につながる~『ゆっくり歩けばキレイな足跡が残る!』

----------------------------------------------------------

武藤さんのお話は、倫理法人会の活動の意義や意味をしっかり腹に落とし込む内容でした!

先週の土曜日は日進市のMS、日曜日はちた岬のMS,今週火曜日夜の瀬戸市幹部研修会、水曜日の瀬戸市MS,
木曜日の豊明市の役員朝礼&MS、そして今朝・・・と倫理づくめの早起き一週間でしたが、充実感で一杯になりました!他の単会に出席すると雰囲気や司会進行の違いにも気付き、新たな出会いや交流も得られ実に有意義でした。ただ、嫁さんの反応が冷め冷めする一方で、この点は私の伝える努力が足らず言動の変化によって理解して頂くにはまだまだ時間が掛かりそうです。



以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

第193回瀬戸市倫理法人会 経営者モーニングセミナー(上村家の家訓)

111005_上村國喜法人アドバイザー.jpg上村 国喜氏 家訓.jpg

今朝の第193回瀬戸市倫理法人会・経営者モーニングセミナーの講話者は上村国喜法人アドバイザーでした。

本日の講話のテーマは【繁栄の条件Ⅱ(継承の順序)】

 佐久間象山塾頭の小林虎三郎の米百俵の精神~お見舞いにもらった米を250両で売り払い、
3000両をかき集め学校を作り、将来の人材育成を図った。
その後山本五十六や多くの外交官、東大総長他、多数の人材を輩出した。

 言葉にはプラスとマイナス、二種類しかない!陰口、悪口、噂話はマイナス言葉!
人生はプラス言葉とマイナス言葉の差し引きで幸せになるか?不幸になるかが決まる。

人が頻繁に入れ替わる職場は決して儲かっていない!倫理の実践が企業業績や生活を変える!         

最近は家系図を書けない人が増えている。家系図を書ける人は皆立派!
夫婦仲、親子仲、兄弟仲の悪い家や会社は決して栄えない! 
①名跡~家系、由来、家訓 ②祭祀~法事、親族とのつながり ③家業~生計を支える職業 ④家産~財産、身上……の順序が企業と家の生命力を永続させる基本。

 戦前の家督制度は日本人の強さの源。倫理の定着こそが日本創生の道筋(理)。
自己投資の必要性~特に新入社員へ推奨し続ける。楽しく明るい倫理活動で活発なビジネス交流を!

※講師の上村家の家訓10カ条を添付しましたが、実に参考になりますよ!
是非クリックしてプリントアウトするなり保存願います。


以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

第257回日進市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

日進市倫理法人会 浅岡会長挨拶.jpg瀧住済寿彦 東京都倫理法人会相談役.jpg


今朝は早く目が覚めたので、お隣の日進市倫理法人会のモーニングセミナーに出席してきました。

ゲスト参加やオブザーバー参加者が多く、35社40名の出席でした。

浅岡日進市会長は今週の倫理No.733号を題材に、社会に与える利益が事業発展の源泉である!利他の実践が大切であり、自分以上に相手の為を思うという愛情を決断の根拠にする事!・・・と挨拶されました。

また本日の講話者は、東京都倫理法人会の相談役でもある瀧住寿彦法人スーパーバイザーでした。

積極的に幹事・役職を受ける役得として、まとめ役・世話役として自分を磨けるしメリットも多い。
役職者がスローガンを掲げ本気になれば必ず期限を切った目標は達成できる!
自分が成りたい姿をイメージして紙に書いて言動すれば必ず実現できる!

《運の強い人といい人との違い》
強い人は運を作り出せる人で尽きない!運のいい人は親や先祖から受け継いだ運を使い果たす人。

松下幸之助翁もこう仰られました・・・『人生は運が7割、努力が3割。』

運を強くする6つの秘訣として・・・

①敵を作らない!
②自分はついていると思い込む~ついている音頭、馬鹿になることも時には大切!
③お墓参りは運が良くなるチャンピオン!今井寅吉さんの逸話~金持ち:寺に手を合わせる、親に感謝する
④いつもニコニコしている
⑤しっかり挨拶する~商売成立のキッカケは元気で明るい挨拶!
⑥運のいい人、ポジティブな人と付き合う!つまりは倫理法人会の会員となり交流を重ねること!

以上簡単そうですが、なかなか実践出来ない事柄として今後の生活の中で意識していこうと思いました。



以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

第254回日進市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

浅岡日進市倫理法人会会長野口起生法人スーパーバイザー

今朝は6:30AM~藤が丘サンプラザ・シーズンズ内のチャペルにて開催された、
日進市倫理法人会の経営者モーニングセミナーに出席して参りました。

浅岡日進市会長の挨拶に続き、(社)倫理研究所の野口起生法人スーパーバイザーの
講話『今こそ倫理経営!』を聴講して参りました。

商法と商道、易・不易、見えるモノ(福)と見えないモノ(徳)、儲ける・儲かる、経済と倫理・・・
双方のバランスが相まって企業は成長していく。

企業も事業も人なり!現代は人づくりの時代。世の為・人の為・地域の為になるように生きる。

万人幸福の栞=自然界の法則・・・人の心の有り様の通りの結果が導かれる。

実践=気付いたら即行!全て率先垂範~挨拶・返事・後始末。
心を先行させる=信念:信じるからこそ出来る!
家庭=会社、夫婦・社員との愛和が大切!



以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki
プロフィール

瀬戸の段暖畑

Author:瀬戸の段暖畑
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログで世界旅行(世界遺産編)

presented by スイス旅行

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード