2012年大晦日から2013年へ

干支 龍の宝船干支陶額 龍

久し振りの投稿となったことをお詫び申し上げます。

1年半前からFacebookにハマってしまい、会社ページも立ち上げ投稿の容易さから
弊社HPブログが疎かとなっていました。

2013年は巳年となります。

社員と共に如何なる経営環境をも乗り越えて参りますのでご支援の程宜しく御願い申し上げます。

写真はいずれも弊社の得意先様謹製の置物、陶額です。


干支置物 巳


以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki
スポンサーサイト

余剰段ボール箱の活用

昨日、たまたま会社にいる時に、いつも大変お世話になっている某化粧品屋さんのO旦那から
段ボール箱を分けて欲しい旨、連絡があり対応させて戴きました。

ことの顛末は、O旦那のブログに書かれていますのでご紹介させて戴きます。


http://ameblo.jp/cosme-hataya/entry-11362668107.html



以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

グリーンサイトライセンスに申し込みしました

グリーンサイトライセンス

グリーン・サイト・ライセンス(GSL)は日本初のホームページの環境認証サービスです。

CO2削減活動の一環として、1年間に10本~モンゴル国セレンゲ県へのポプラ・ニレの植樹を行います。

樹木は、その成長過程で二酸化炭素を吸収します。
一般に広葉樹を1本植えることで、環境に左右されますが
10年間で約150~200kgのCO2を吸収すると言われています。

グリーンサイトライセンスにより、お客様はCO2を吸収する森林の植林活動に
気軽に参加することができます。

※GSL植林版は、1ライセンスにつき年間10本の植林に貢献します。

グリーンサイトライセンスの植林活動は、NPO/NGOに委託する形で実施しております

【植林種類】

ユーカリ・ニームの植林
マツの植林
ポプラの植林
ニレの植林

【植林場所】

モンゴル国
ブルキナファソ国


以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

弊社会長の喜寿祝い

会長へ花贈呈.jpg
木曽路 喜寿祝い膳.jpg

来月2月1日で77歳の喜寿を迎える弊社会長(実父)の祝賀昼食会を開催しました。

菱和会という協力会社会メンバーを中心に、創業当時からお付き合いのある得意先や仕入先、
元幹部社員の方々14名がお祝いに駆けつけて下さいました。

懇談風景.jpg

会長、寺師さん、岡田さん.jpg

ほうば味噌焼き物.jpg

木曽路さんの慶祝会席では紫色の装束を着せて戴け、記念写真も撮って写真立てに入れてプレゼントして戴き良い記念となりました。親父も最近は全くお酒類を飲んでいなかったようですが、よほど皆さんからのお祝いに気分が良かったのか?飲みすぎ一時は横になって寝てしまうほどでした・・・

弊社は創業して44年目を迎えておりますが、今日集って戴いた方々以外にも、多くのご支援を戴いた会社や方々がお見えで、そうしたネットワークが財産となっております。

皆さんから次は3年後の米寿の席でお祝いしましょう!・・・と激励を受け、
一段と親父も元気になってくれて嬉しい限りです。

今後も皆さんのご期待に沿えますよう精進して参ります。


以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki

職場体験を受入れてます

職場体験2日目.jpg
職場体験2日目-2.jpg

昨日から地元M中学2年の女子生徒2名が、弊社にて職場体験実習を行ってくれました。

中三の娘を持つ親として、寒くて華のない殺風景な職場がどう映ったか?興味深々ですが、
しっかりした挨拶や受け答え、熱心な作業態度に感心させられました。

職場体験実習には次のような意義があります。

1.勤労観、職業観の育成の場
 実際に仕事をしている人と接し、自分自身も体験することで、働くことの意義や目的の理解、
進んで働こうとする意欲や態度などを育むことができる。
職業の意義についての基本的な理解・認識、自己を価値あるものとする自覚、夢や希望を実現しようとする意欲的な態度など、望ましい勤労観、職業観を育むまたとない機会である。

2.新たな自分を発見する場
 生徒が自己の個性や適性を把握し自己理解を深めていく上で、様々な体験・
経験を積み重ねることは、極めて重要である。自分が役立つ存在であることを知ることができたり、
自己の新たな可能性を見い出したりする場合も少なくない。
また、それぞれの職業の実像は、実際に仕事を経験し、働くことの厳しさや喜びなどを
身をもって体験することを通して、生徒自らが体得していくものである。

3.コミュニケーション能力、社会的スキルを身に付け、人間関係の大切さを体得する場
 職場体験は、そこで働いている多くの職業人との触れ合いや交流を通して、
異世代とのコミュニケーション能力を高めるとともに、社会人としての基本的マナーや
言葉遣いなどを身に付けることができる場でもある。
核家族化や都市化が進む中で、異世代との交流が減少し、あいさつができない、
言葉づかいを知らない、コミュニケーションがうまく図れないといった若者が増えているという指摘もあり、これが高い離職率の一因となっている場合も考えられる。コミュニケーション能力や
社会的スキルを身に付ける上でも、職場体験の果たす役割は大きい。

4.学校と社会をつなぐ場
 生徒は、職場体験を通して、学校での学習が社会でなぜ大切なのか、どのように役立つのか、
実際に仕事をしていく上でどのように用いられるのかを知ることができる。
それは同時に、現在の学習と将来の職業生活との関係を理解し、目的を持って学習に
取り組む上での重要な契機ともなる。「働くこと」から疎遠になりがちな
今日の子どもたちにとって職場体験は、こうした現状を打開し、体験を通して学ぶことや働くこと、
生きることの尊さを実感をもって理解していくという大きな役割がある。

5.職業生活や社会生活に必要な知識、技術・技能を学ぶ場
 生徒が職業で実際に用いられている知識、技術・技能を学ぶ貴重な機会である。
また、実際に働いている人たちの生活ぶりを見聞きする絶好の機会でもある。

6.教員の新たな資質・能力の形成の場
 教員にとっては、産業界の動きや職場の実情、地域の現状についての認識を深めることができる。そのことから、生徒への適切な助言や生きた情報の提供等が行われるようになり、また、教員のコーディネート能力、カリキュラム開発能力等の向上、さらに、意識改革につながることが大いに期待できる。さらには、これまでには見られなかった生徒の姿やその変化を見たりすることによって、教員の生徒理解が一層深まるのである。

7.親子の会話を促進する場
 保護者にとっても子どもたちの働く姿は、その新たな側面を発見することになる。
また、働くということを通して、子どもとの会話を促進する機会にもなり、
子どもは保護者との会話を通して、働くことの尊さや感謝の気持ちを持つことになろう。

8.事業所、地域の理解と活性化を図る場
 職場体験は、地域の産業やそこに働く人々の素晴らしさや大切さを発見する場合も多く、
そのことが地元に対する愛着や誇りを持つことにつながる。
また、自分自身に対する自信や可能性の発見と相まって、自己の拠って立つところ=
アイデンティティを形成していく上での大きな契機となっていく。
さらに、地域が一体となって生徒を育てていこうとする気運が高まること、
事業所も地域に貢献することができるなど、職場体験には広範な教育効果を期待することができる。



以上、瀬戸の段暖畑でした。

大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ⇒http://www.hishidashiki.co.jp

※フェイスブック会社ページはこちらへ⇒https://www.facebook.com/hishidashiki
プロフィール

瀬戸の段暖畑

Author:瀬戸の段暖畑
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログで世界旅行(世界遺産編)

presented by スイス旅行

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード