「世界平和の森づくり」プロジェクトに共感しました

雑誌「アイディアル・ファミリー」7月号に環境問題について大変興味深い記事が載っていました。

その中で『「政府は温室効果ガスを減らすため、省エネ家電を購入すると付く「エコポイント制度」や
低燃費の車に対する「エコカー減税」を導入し、“エコブーム”に火をつけようとしています。

環境問題はこうした政治の力だけで解決できるテーマとは考えられません。
今起こっている環境問題の本質は、快適さや利便性を求める私たちの「心の問題」が大きく関わっているからです。』

まさに、その通りではないでしょうか。
わたしたちは、利便性と快適性、経済性を追求して、現代社会を作ってきました。
その結果、人と人のつながり希薄になって、孤独からくる「心の貧しさ」や空虚感を
埋め合わせるように、人はお金や物に目を向け、大量消費と大量廃棄を繰り返して
結果的に環境破壊をしてしまっています。


また、雑誌では次のようにも言っています。
『心の貧しさは、私たち人類が「自然に生かされている」という事実を感じとる感性を失わせ、
その結果、自然破壊にも鈍感になっています。
ですから、環境問題に取り組むときに真っ先に考えなければならないことは、
心の豊かさをどのように取り戻すか、ということです。』


すべての人類がどのように「心の豊かさ」を取り戻すか、大きな命題です。
現在の道徳観や価値観の問題を戦後の教育にあり、教育改革が重要だと
言う意見はごもっともです。教育は100年の計が必要です。


しかし、地球環境の劣化問題に緊急性がある今、併行して進めるべき一番効果的な施策は、
地球上のすべての生命の根源である森を育てることに接する機会をつくることです。
人間はもとより、あらゆる生きものの「命」を守っている木を植えることが、「豊かな心」を取り戻すために一番良い方法です。
動くことができない木は、置かれた環境で我慢して生き延び、大きく育ってゆきます。


植林に参加することで「他を思いやる心」「自然を愛する心」利便性や快適性や経済性を超越して、
植物の成長する機会に接する事ができれば「命を尊さ」、「厳しさ」を知り、心の豊かさを取り戻せると考えています。


一人ひとりが、自分のため、家族のため、未来の子供たちのため、そして、すべての生きもののために、植林による「生命の森づくり」に参加していきましょう!

---------------------------------------------------------------------
●1本500円から気軽に参加できる「世界平和の森づくり」プロジェクト
 お申し込み、詳細は  http://www.agfn.org/project_bali2.htm


以上、瀬戸の段暖畑でした。
大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ ⇒ http://www.hishidashiki.co.jp

スポンサーサイト
プロフィール

瀬戸の段暖畑

Author:瀬戸の段暖畑
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログで世界旅行(世界遺産編)

presented by スイス旅行

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード