FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球はまさに筋書きのないドラマ~中京大中京高校、日本一おめでとう!

今日は第91回全国高校野球選手権大会の決勝戦に感動しました!

地元愛知県代表の中京大中京高校の前評判も高く、8回を終了して10-4と新潟県代表の日本文理高校をリード~9回はエース堂林投手をマウンドに戻し栄冠の瞬間を味わってもらうという大藤監督の親心のもと、2アウトランナーなしまでこぎ着けました。

しかし、これですんなり終わらない所に高校野球の素晴らしさ・面白さがあります。

過去から語り継がれる名勝負の一戦につらなる日本文理高校の驚異的な粘り・風のいたずらもあり、
何とここから3四死球・3連打がつらなり5得点!

持ち前のバッティングでは大活躍だった堂林投手も、一球の怖さ・最後まで諦めない集中力と粘りを痛感したことでしょう。後輩の再リリーフを仰ぎ何とか10-9で逃げ切ったものの、ゲームセット後の表情は勝利チームのエースには似合わない悔し涙と自責の念でが溢れていました。

逆に惜しくも準優勝となった日本文理高校の選手・監督・応援団は晴れやかで激闘を称える笑顔と拍手で一杯でした。

素晴らしいゲームをありがとう!勝負のアヤで勝ち負けは付いたものの両チームの選手に拍手喝さいを送りたいものです。ゲームセットとなった最後のサードライナーをしっかり掴んだ河合選手の打撃内容は観ている者をワクワクさせる雰囲気があり、見事甲子園で5割以上の打率と多くの打点を稼ぎ出し今後の進路が楽しみです。

進路が楽しみと言えば、昨日の準決勝で散った岩手県・花巻東高校の菊池投手ですね!
雄星・・・と言う名前もマスコミ受けしそうです。しっかり怪我を直して日本のプロ野球界やメジャーリーグで記憶に残る活躍をしてもらいたいものです。

また今大会では1~2年生で素質を感じさせる選手が大勢いました。
来春の選抜高校野球や来夏の全国高校野球選手権大会に更なる進化を遂げた選手として甲子園に帰ってきてほしいと願っています。

以上、瀬戸の段暖畑でした。
大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ ⇒ http://www.hishidashiki.co.jp
スポンサーサイト
プロフィール

瀬戸の段暖畑

Author:瀬戸の段暖畑
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログで世界旅行(世界遺産編)

presented by スイス旅行

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。