FC2ブログ

Giants 3年連続33回目のセ・リーグ優勝おめでとう!

東京ドーム 原監督人形とグータッチ
東京ドーム 野球博物館 WBC優勝トロフィーer="0" width="240" height="320" />

シルバーウィークの最終日に嬉しいコメントを書けてサイコーに幸せです!

半年間に渡るプロ野球ペナントレースの区切りとして、応援し続けたGiantsが宿敵Dragonsを3タテして優勝を決めてくれました。

今日は家族4人で朝から関西方面へドライブしており、帰りの車中のラジオ中継に釘づけ運転をしつつ急いで帰宅して、幸運にも9回表のTV中継に間に合い、優勝の瞬間を生で味わえました!

写真は7月下旬に東京へ遊びに行った際、かねてから訪れたかった東京ドームと野球博物館のものです。

今シーズンはWBC優勝という嬉しいニュースに始まり、他チームでは松坂投手や村田選手他WBC疲労による代表選手の不振やケガが相次ぐ中、Giantsは山口投手や亀井選手のヴァージョンアップがあり、前半戦から選手層の厚さと期待に違わぬ活躍でぶっチギリの優勝でしたね!

*3年目の坂本は首位打者争いでトップをキープし続け、エラーもありましたがチャンスに強い好打者に成長してくれました。

*育成選手から2番センターの座を獲得した松本選手の努力と成長も素晴らしかった!今期新人王も大本命になったのでは?来期は2番らしい粘りと嫌らしさを磨いて欲しいものです。

*小笠原三塁手は実に勝負強く頼りになる活躍をしてくれ、是非打点王になってもらいたいものです。

*4番レフトのラミレス選手も高年棒~額面通りの大活躍で、首位打者と打点王の2冠も視野に入っています。ムードメーカーであり打撃指導にも定評があり、Giantsでは存在感No.1です。

*5番ライト(ファースト)の亀井選手は堂々たる成績で、高橋由伸選手の長期欠場を十二分に穴埋めする大活躍でした。来期の更なる飛躍を期待させてくれました。

*6番谷選手の後半戦の大活躍振りには眼を瞠りました。途中出場でもしっかり結果を残す玄人受けするプレーやプロ魂、後輩への打撃指導等には頭が下がります。第二子誕生という張り合いもあった事でしょう!二重のオメデトウです!!

*7番の阿部捕手(一塁手)の投手リードと勝負強いバッティングにはチーム全体が幾度救われた事でしょうか?3割30本塁打80打点をクリアしそうな打撃は当に“サイコー”のシーズンでした!

*8番が唯一Giantsで不確定なポジションでしたが、そこは選手層の厚い球団ならではの若手とベテランの凌ぎ合い(チーム内競争激化)が見られ、楽しみであり意外性も見せつけられました。
私としては2年目の三重県・宇治山田商業高校出身の中井大介二塁手(※本業は三塁手)に注目と期待大です!是非守備力に磨きを掛け、ベテラン勢の小笠原選手やキムタク、守備の上手い脇谷選手や古城選手らに競り勝って来シーズンは坂本遊撃手との三遊間・二遊間を死守してもらいたいものです!
そしてそこに今年のドラフト1位のNo.55:大田選手が持ち前の長打力で割り込んで、レベルの高い競争を繰り広げてくれればファンとして嬉しい悲鳴です♪

最後に投手陣の評価として一番手は山口投手!~2年目のジンクスもなく獅子奮迅の大活躍でした。そして同じく毎試合のように登板してくれた越智投手、クルーン。先発として頼もしかったゴンザレス、内海、東野、グライシンガー、忘れてならない高橋ヒサノリ、豊田、オビスポ等々~皆各々の役割をキッチリ果たしてくれた優勝でした。来期は辻内、金刃の両左腕にも加わってもらい磐石の投手王国を形成してもらいたいものです。

さて後はクライマックスシリーズでも実力を発揮して、セ・リーグの覇者としてパ・リーグの覇者と日本一を懸けて素晴らしく見応えのある日本シリーズを期待しています。

あと2回のシリーズはGiantsの圧倒的な勝ちっぷりと原監督の胴上げを見させてもらいます!!

以上、瀬戸の段暖畑でした。
大切なモノの包装や保管・輸送に関心のある方はどうぞ ⇒ http://www.hishidashiki.co.jp
スポンサーサイト
プロフィール

瀬戸の段暖畑

Author:瀬戸の段暖畑
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログで世界旅行(世界遺産編)

presented by スイス旅行

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード